賃貸マンションのキャンセル方法

賃貸マンションの契約をキャンセルする時には、それぞれの不動産会社の基準によって、手続きの方法が大きく異なることがあります。特に、依頼先の契約の内容によっては、高額な料金が発生することがあるため、いち早く担当者とコンタクトをとることが良いでしょう。最近では、賃貸マンションの契約をめぐるトラブルの件数が全国的に増えてきていますが、様々なケースに対応をするうえで、信頼度の高いスタッフとコミュニケーションをとることが重要です。そして、キャンセルの方法を事前に確かめておくことで、何時でも不安を解消することができます。

賃貸契約のキャンセルでの払戻金

賃貸契約では、正式に契約書にサインをするまでは、いつでも取り消しができます。しかし、一度契約書にサインをしてしまうと、キャンセルはできず、契約を解約するという形になります。そのため、一度支払った初月の賃料、礼金、仲介手数料などは戻ってきません。賃貸契約ではたくさんの人が動いているということを忘れてはいけません。自分の勝手な都合でキャンセルをして、お金が戻ってくるということはありません。しかし、敷金に関しては、全額戻ってきます。親族が病気になったというように、やむを得ない理由であるなら、大家さんの同意が得られれば、礼金なども戻ってくる可能性はあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 賃貸キャンセルでの期間 All rights reserved